№418

                                                        奥秩父

              十文字山 2071.9  三国山 1834m  悪石 1849.8

                                           令和3年6月1日~2日(1泊2日)                     単独行


  6/1(晴後曇)                       花園IC(10:13発)~八千穂高原IC(11:40着発)~毛木平(12:47着13:00発)~狭霧橋(13:20着発)~五里観音(13:30着発)~尾根(14:50着発)~八丁坂の頭
                               (14:50着発)~十文字峠(小屋)(15:15着発)~十文字山(15:30着15:42発)~十文字小屋(15:55着)


                      6月に入り最初の連休の天気が良いので十文字峠にアズマシャクナゲを愛でに行った。 30年以上前に甲武信を登った際に立ち寄って以来だ、その時は秋だったの初めて見る。 毛木平より登る、流石にこの時期は平日でも駐車場は満車状態だ。 午後よりの登り初めで、殆どの方が下山時に擦れ違う、ガレた谷沿いを登る、結構急な斜面だ。 2時間弱で尾根上(八丁坂の頭?)に出る、後は稜線上を進む。 この時間帯になるとガスが出てきて幾分寒くなって来た。 樹林の間より見えるのは三宝山方面か? 頭より30分程で十文字峠に到着、そのまま十文字山へ向かう。 苔と太い針葉樹林帯の中を高度を上げ15分程で登頂した。 林の中で展望は無いが、満足感は充分である。 この後小屋へ到着、暫し外でシャクナゲ等の写真を撮る、小屋裏手の「乙女の森」と言う群生地へ行くが素晴らしいの一言。 夕食は5時半より管理人さんと5名の登山者で話が盛り上がった(テント泊の男性は静岡のガイドさん)気が付くと、8時過ぎになっていた。 矢張り夜は冷えてきてフリースを羽織った。


  6/2(曇)                        十文字山小屋(06:03発)~十文字山(06:25着06:27発)~のぞき岩(07:00着発)~弁慶岩(07:45着08:05発)~梓白岩(08:45着発)~悪石(09:56着10:08発)~
                              林道(10:32着発)~三国峠(10:42着11:00発)~三国山(11:22着11:45発)~三国峠(12:10着発)~毛木平(16:08着16:35発)~八千穂高原IC(17:35着発)~
                              横川SA(18:20着19:00発)~花園IC(19:55着)

                     2日目、5時朝食で6時出発、順調だが、空は曇り空だ。 先ずは行き成りの十文字山への急登で始まる。 三国尾根は予想以上に岩場のアップダウンが続く尾根だ。 弁慶岩や梓白岩など急峻な岩峰が縦走路にそそり立つ、勿論巻いて進むが。 又この時期は十文字小屋周辺同様に三国尾根にはアズマシャクナゲやミツバツツジが満開で目を楽しませてくれる。 展望は木々で余り得られないが、左方には大山~三宝山や五郎山などが顕著だ。 右方の秩父側は濃いガスが巻いていて厳しい。 又、左下方には川上村のレタス畑が広がり、雪が積もっているように見える。 黙々と縦走路(緑の回廊)を進み、最後の中では顕著なピークの「悪石」に到着、1本付ける。 ここからは峠に下るのみで、林道に降り立ったのは小屋より4時間を擁していた、特別ルート上問題無く、迷う箇所も無かった。 これより10分程歩き三国峠へ到着、どの方向にもロープが張られ寂しい限りだ。 峠にあるトイレをお借りしたが、言うまでも無い状態だ。 峠で写真を撮っていると、人の声が? 1人の方が近づいて来た、如何やらタクシーでここまで来て十文字峠に行くとの事。 横浜のクラブの方々で6名のパーティーだ。 タクシーは入れるの? この後、三国山へ向かう、これが時間は短いが、意外と急登で岩交じりで注意する箇所もあった。 山頂ではミツバツツジ満開の中、後から着いた横浜の方々と一緒にランチを摂った。 川上村のレタス畑が良く望めた、又山頂よりも先に道が続いている様であり、上州の高天ヶ原山~御巣鷹山に縦走出来るのであろうか?昭文社の地図にはルートは無いが。 峠に戻り愈々林道の下りに取付く、これが長かった。 結局、毛木平の駐車場迄、峠より4時間擁した、単調な歩きの為、ついつい睡魔が襲ってきた、五郎山や大原平、小川山や弁慶岩などを望みながらレタス畑の中を通る。 予定に無い日本基橋の工事で大周りする事になりプラス1時間?、やっとこ毛無平へ到着した。 昨日の日中ほぼ満車になっていた駐車場もこの時間(16時)には3~4台になっていた。 結局、この日は十文字小屋~毛木平迄休憩を含め10時間の山行となり、足は問題なく行けたが、最後ザックが方に食い込みきつかった。 帰路は八千穂高原ICより高速に乗るが、途中睡魔が襲い、横川SAで1時間程仮眠をとり帰途へついた。 今回の山行で2日目の十文字小屋~毛木平のレポートを小屋の女将さんとの約束で初めてヤマップに公開した。(ネームは「いもさん」)

(25) 十文字小屋 - YouTube       (25) 乙女の森(十文字小屋下) - YouTube


                 花薗~八千穂高原  2760円×2          十文字小屋 3食付 9500円          走行距離  336.5km                        TOP