№426

                                                       外秩父

                         横隈山 591m  鐘撞堂山 330m

                                        令和3年9月22日(日帰り)             MB  Mr,K


  9/22(晴)           寄居(09:50発)~児玉町太駄、林道ゲート分岐(10:37着10:50発)~権現岩分岐(11:18着発)~横隈山(11:50着12:03発)~権現岩(12:30着12:35発)~登山口(13:02着13:12発)
                  ~寄居、今井屋(13:45着14:10発)~桜沢八幡神社登山口~大正池登山口(14:18着14:41発)~鐘撞堂山(15:25着15:42発)~登山口(16:13着16:30発)~寄居(16:47着)


               久々にK氏との山行、勤務明けで早朝よりは無理の為、草津の芳ヶ平トレッキングを計画したが、上信方面は天候が悪いので地元の山へシフトチェンジした。 長瀞と児玉の境にある横隈山とK氏の希望で地元の鐘撞堂山にする。 我が家に集合し、先ずは横隈山へ。 児玉町太駄の林道をゲート(分岐)迄車で入り、これより登り始めます。 アスファルトが直ぐに土の登山道へ、これが意外と気持ちの良い道で、陽の差し込む森の中を小さくアップダウンしながら進む。 この日も暑く、汗を拭き々登って行く。 途中、権現岩への分岐を過ぎ丁度1時間で登頂した。 山頂は一部切り開かれており、本庄市街や赤城山が良く望めた。 下山は往路のピストンで途中権現岩に立ち寄る、中々迫力のある岩だ。 その後登山口へ戻り、ランチを摂るべく寄居の今井屋へ。 休憩時間ギリギリの所を頼み込んで何とかOK、名物のカツ丼を食した、何時食べても旨い!  この後は鐘撞堂山登山口へ、最初は桜沢の八幡神社登山口へ行くが、時間も押しているので拙者が知っている大正池登山口へ移動する。 15時前に登山開始、30分少々で登頂、頂上には20名程が居らした。 相変わらず展望は素晴らしく、新都心の高層ビル群まで望めた。 下山は往路をピストン、無事大正池へ戻った。  急ではあったが、久々に地元の山に登れて、懐かしさと感動があった1日になった。


                                                                                                 TOP