№22

                                                             丹沢、大菩薩

                   丹沢主脈縦走(塔ノ岳1,491m 丹沢山1,567m 不動ノ峰1,614m 蛭ヶ岳1,673m

                                         大菩薩峠 1,897m   大菩薩嶺 2,057m


                                              平成3年5月14日~16日(2泊3日)                    単独行


    5/14(晴)               寄居(05:23発)~渋沢駅(08:52着09:12発)~大倉(09:24着09:30発)~塔ノ岳(12:35着13:12発)~丹沢山(14:08着14:48発)~不動ノ峰(15:25着15:50発)~蛭ヶ岳(16:33着)


                  3日間で丹沢主脈とおまけに大菩薩を企てた。 今回は縦走と移動とで電車、バスなどの交通手段を利用した。  初日、行き成り大倉尾根で大きな蛇に遭遇、吃驚して飛び上がる! 塔ノ岳山頂からは大山、三ノ塔他表尾根の山々、蛭ヶ岳、檜洞丸、富士、秦野市街など展望が良い、やはり人気の山で登山者も多い。 蛭ヶ岳山頂からも塔ノ岳~丹沢山の稜線、富士山の眺めが絶景だ。 蛭ヶ岳山荘はこの日は自分の他に宿泊者は1名で話が弾んだ。 山荘は水も無く、食事はレトルトで物足りない、しかし管理人は女の方で素朴で感じが良い。 夜は8時消灯、朝は4時半と早い。 山頂では夕方、野鹿6頭が餌を啄みに来ていた。 丹沢の小屋は色々と揃っていると思うと大間違いで自炊の用意や夜は意外と冷えるのでセーター位は必要であった。 


              寄居~新宿 900円      新宿~渋沢 490円      渋沢~大倉(バス) 160円                            蛭ヶ岳山荘 1泊2食 4600円


    
    5/15(曇後雨)            蛭ヶ岳山荘(05:30発)~姫次(06:55着07:10発)~八丁ノ頭(07:25着07:30発)~東野(09:30着09:50発)~三ヶ木(10:30着10:38発)~相模湖駅(11:00着11:29発)~
                       塩山駅(12:32着12:50発)~上日川峠(13:18着13:20発)~大菩薩峠(14:12着14:35発)~大菩薩嶺(15:12着15:25発)~丸川峠(16:15着16:30発)~烈石(18:30着)


                 御来光を仰ぐ、大室山、檜洞丸、富士が美しい! 下山した東野からはバス、列車、タクシーなどの交通手段を乗り継ぎ大菩薩峠に入る。 介山荘の御主人は愛想の良い方で気持ちが良い。 峠からは南アルプスや小菅村の眺めが良かった。 大菩薩嶺に向かう途中より、振り返ると介山荘に熊沢山、小金沢山が顕著だ。 天気が悪化傾向なので静かな大菩薩嶺山頂も短時間のステイで出発、先を急ぐ。 丸川峠の丸川荘に泊まる予定であった戸頃、明日は雨が激しくなると言う理由で泊まらせて貰えなかった。 予定外でこの後、雨中を裂石まで下り、民宿「あけぼの荘」に泊まる事に、急だったので、風呂は隣の松葉荘の風呂を400円で借りた。 車道に出てから道を間違えて、千石茶屋付近迄行って引き返す。  本日は行動に無理があったのか、夜にリンパ腺が腫れてしまった。 夕食でビールを飲み、早々に就寝した。 

            東野~三ヶ木(バス) 430円       三ヶ木~相模湖駅(バス) 240円       相模湖~塩山(中央線) 930円        塩山駅前で昼食、塩山駅~上日川峠(タクシー) 5000円
                                           あけぼの荘(1泊2食) 5500円位         松葉荘 入浴代 400円


   
    5/16(雨後曇)            裂石~塩山~新宿~寄居(時間記載なし)


                 今回の山行は2日目が強行軍であった為、かなりの疲労がたまり、3日目の朝起きると目脂が溜り、リンパ腺が腫れて酷いもんであった。 又季節外れの台風が来ており、昨日下山していて良かったと再度思った。

                大菩薩口~塩山(バス) 450円         塩山駅~山手線内フリー(中央線) 1850円       新宿~寄居 記載なし                      TOP