No,68

                                                          上信越

                          白砂山 2,140m   堂岩山 2,051m      


                                       平成12年7月28日〜29日(夜行日帰り)                      単独行



    7月28日                 寄居(21:40発)〜花園IC〜渋川伊香保IC〜長野原(23:10着発)〜道の駅「六合」(23:30着)


    7月29日(曇、濃霧一時雨)        道の駅「六合」(04:30発)〜野反湖登山口(05:00着05:45発)〜地蔵峠(06:30着06:35発)〜堂岩の泊場(07:40着07:53発)〜堂岩山(08:18着08:20発)〜白砂山
                        (09:38着10:10発)〜堂岩山(11:05着11:15発)〜堂岩の泊場(11:33着11:40発)〜地蔵峠(12:40着発)〜野反湖(13:10着14:30発)〜道の駅「六合」(14:45着15:00発)
                        〜(武尊牧場に立寄る)〜沼田IC〜花園IC〜寄居(20:00着)


                     車中泊は熟睡は出来なかった。頭が起きない内に出発。 野反湖の展望台へ到着、ここは八間山の登山口でもある。標高が高いので朝はTシャツ、短パンは寒い!野反湖は駐車場、売店、休憩所など設備が良く整っていて、ハイカーにとっては嬉しい限りだ。六合村の観光への力の入れ方が伺える。 天候が思わしくなく薄暗いため、出発を少々遅らせた。やはり夏でも長袖のシャツは持って来るべきであった、レインウエアを着込んで6時前に出発。 途中で陽が差してくる、堂岩山までは野反湖側が時折開け、草津白根、浅間、岩菅などが望める。堂岩山頂より始めて白砂山が望めた、山体が大きく迫力がある、しかしこの日はガスが多くかすんでいて残念だ。 白砂山頂までは大小のピークが幾つか有り長く感じる、山頂直下には高山植物が咲き乱れていた。 山頂ではガスで何も見えなかったが途中、鳥甲、苗場、佐武流などの名峰が望めた。登山者は私の他に3組4名、下山中に10名位に擦違った。 白砂山は2000m少々の山だが、稜線は這松と石楠花で高山植物も多く意外にアルペン的な山である。快晴の日に再度訪れたい! 堂岩山の下りで通り雨、慌てて雨具を着込んだ。野反湖に着くと、朝と違い観光客で賑わっていた。食堂で山菜そばを食べ帰路に着いた。途中、道の駅「六合」と武尊牧場に立寄った。


                        花園〜渋川伊香保 1400円         沼田〜花園 1950円          走行距離  360km