No.283

                                                         中央アルプス

                            三ノ沢岳 2、846.5m  宝剣岳 2、931m


                                       平成27年7月26日〜27日(夜行日帰り)                            単独行


    7/26               太田桐生IC(20:00発)〜梓川SA(21:50着22:20発)〜駒ヶ根IC(23:10着発)〜ルートイン駒ヶ根インター(23:15着)

                         8〜9月がもしかすると山行どこでは無いかもとの事で、久々に7月では2回目の山。これも以前より気になっていた中アの三ノ沢岳へ出掛けた。 前日に仕事を済ませ直ぐさま高速へ。仕事着のまま現地入りする。今回は夏場の車中泊は辛いのでチェックインが24時間OKのルートインホテルを利用、偶々中央アルプス観光とのタイアップで(ホテル+バス+ロープウェイ)のパックがあり経済的にも助かった。


    7/27(晴、濃霧)        ルートインホテル(5:00発)〜菅の台BC(05:07着06:15発)〜しらび平(06:50着07:00発)〜千畳敷(07:07着07:10発)〜極楽平(07:35着発)〜遭難碑(分岐)(07:47着07:53発)
                    〜三ノ沢岳(09:28着10:10発)〜遭難碑(12:18着12:20発)〜宝剣岳(12:55着13:10発)〜宝剣山荘(13:30着13:50発)〜乗越浄土(13:53着発)〜千畳敷(14:27着14:47発)〜
                    しらび平(14:53着15:20発)〜菅の台BC(15:55着16:10発)〜しぶの湯(16:15着16:50発)〜駒ヶ根IC(17:05着発)〜花園IC(19:50着)


                        朝は4時半起床、眠い。 5時に出発し菅の台の大駐車場に着くと既に20人程の列、始発に1時間以上あるのに恐ろしい。切符売り場の開く頃には100人近くは並んでいたと思う。6時15分の始発前に団体用のバスが出たが、空き座席に列の先頭より乗れるだけ詰め込み出発。自分は始発時間に乗れるも2便となる。皆ザックを抱え補助席も使って寿司詰め状態だ。 ロープウェイもギューギューで車内アナウンスがあってもそちらに顔を向けられない状態だ。 千畳敷に着いてやっと人混みから解放された。 素晴らしい天気、宝剣岳とカールが美しい、何時来ても素晴らしい絶景である。 早々に出発、極楽平を目指す。前方を見ると朝の団体さん御一行がいた。30人位はいるか、ちょっと厄介か!高山植物や下に千畳敷カールを望みながら登っていると、宝剣の裏側よりガスが湧いて来た。 丁度上手い具合に団体さんが極楽平に着くと同時に追い付き、お先に行かせて貰うが何とガスで真っ白け、期待していたピラミダルな三ノ沢岳が見えない。気を落としながらも先を急ぐ。遭難碑の分岐に着くが、ガスは晴れない。団体さんも追いついたので、早々に三ノ沢を目指し何も見えない尾根を下って行く。我慢して黙々と先を急ぐとやや明るくなってきて周囲の尾根が見え隠れして来た。これはいける! テンションも上がる。 途中、目指す三ノ沢岳も山頂までとはいかないが、ガスも晴れ気味になり急いで写真を撮った。尾根は這松や岩稜の中、アップダウンを繰り返す。三ノ沢本峰の登りで砂塵の小平地で遭難碑らしきケルンに着く、ここからが正念場、一歩一歩高度を上げ頂稜に着く。ここから山頂までは素晴らしい高山植物のお花畑があった。写真を撮っている方々も居らした。未だ一部残雪もあった。 1時間半で何とか山頂へ到着。岩の林立した山頂と脇に三角点があった。やっとこ朝食にありついた、徐々に周囲のガスも取れ始める。雲海の上、唯一浮かぶ峰は御獄であろう。 40分程ステイし出発、復路は寝不足の為もあり少々バテ気味だが、木曽駒〜宝剣もバッチリガスもとれ素晴らしい展望となった。 最後、遭難碑の分岐までの登り返しがキツかった。  分岐に着くと早々に宝剣の登りに取り付く、山頂までの登りが、慎重に鎖を便りに三点確保でこなす。途中立ち往生している2人組もいた。 山頂では3〜4人の方々と写真を取り合った、駒ケ岳や真下に千畳敷が望めるが凄い高度感だ! 宝剣山荘までは意外と楽に下った。山荘ベンチで1本立てる、浄土乗越から八丁坂の下りは凄い人の列で登りの方に道を譲りながらのビスターりな下山。 千畳敷へ着くとこれまた凄い人、直ぐにロープウェイの順番待ちの列に並ぶ。後は行きと同様、菅の台までは寿司詰め状態で戻った。 しらび平ではクラブツーリズムの客が数人見つからず、添乗員が慌てていた。 菅の台からは中央アルプス観光でやっている「しぶの湯」を紹介してもらい割引価格で入浴させて貰った。 帰路は3時間の長丁場だが、休憩を取らず高速を飛ばして埼玉まで走った。 今回は予定通りの行程でまずまずの天気、三ノ沢岳も良い山であった。しかし久々のアルプスであるが、何とも人の多さにバテる山行であった。


                   太田桐生〜駒ヶ根  4280円   駒ヶ根〜花園  5850円   ルートイン駒ヶ根インター  ロープウェイパック 9650円   
                                        菅の台 駐車場 600円     しぶの湯 570円                            TOP