№411

                                                        奥武蔵


                          大高取山 376.4   越生梅林

                                             令和3年3月10日(日帰り)                 単独行


  3/10(快晴、強風)                     寄居(08:40発)~越生梅林P(09:15着09:25発)~越生梅林(09:27着09:58発)~大高取山登山口(10:10着発)~円通寺分岐(10:38着発)~
                                 大高取山(11:12着11:35発)~円通寺分岐(11:48着発)~大高取山登山口(12:08着発)~越生梅林P(12:16着12:25発)~寄居(12:54着)


                      今回は丁度見頃で満開になる越生梅林で梅を愛で、その足で埼玉百の大高取山をピストンする事にした。  この日は風は強いが、気温が20度近くあり春めいた暖かい陽気になりウイークデーでも人出が多い。 9時過ぎに梅林に着いたが、既に10台以上の車で埋まっている、拙者も500円支払い有料駐車場に誘導された。 駐車場は有料であるが、梅林の方は緊急事態宣言が延長され、園内の催しも中止になり無料となっている。 何年振りだろうか、園内は流石に何種類もの梅が咲き乱れ素晴らしいの一言だ! 思わずシャッターを切った。 30分程散策をし、その後大高取山登山口へ向かう、少々解り辛かったが、10分程で到着、民家の脇より山道へ進む。 登山道は300m代の山にしては意外と歩き堪えのある感じ、背の高い杉が強風に煽られぶつかり合い音を立てている。 落葉や若干の岩場もあり、山頂直下はそこそこの坂にもなっている、樹林の中の道も気持ちが良い。 30分程で円通寺分岐、1時間で山頂に到着した。 最初は擦れ違う登山者も殆ど居なかったが、山頂近くなると急に数を増し、18名のパーティーを始め山頂に着くと直ぐに幾つかあるベンチが忽ち一杯になる程、流石に梅の時期はハイキングと合わせて訪れる方が多い様だ、トレランのパーティーも見られ。  三等三角点のある山頂からは、木々が切り開かれ展望も良い。 皆さんランチの様だが、拙者は20分程のステイでベンチを譲り戻る事にする。 下山は30分程で登山口へ到着、梅林Pは満車状態になっていた。 何十年ぶりに越生梅林を愛でたが、春の陽気で気持ちの良い散策が出来た。


                越生梅林  駐車場代 500円                            走行距離  40.5km                                         TOP