No.306

                                                         西上州

               稲含山 1、370m 白髪岩 1、511m 大猿山 1、332m

                                               羽毛山 1377m    物見山 1461m


                                       平成28年11月2日(日帰り)                        単独行

    11/2(曇)           花園IC(05:40発)〜富岡IC(06:10着発)〜茂垣峠(06:47着07:08発)〜稲含山神社(07:53着発)〜稲含山(07:56着08:15発)〜コル(09:30頃)〜
                    物見山(10:55着11:15発)〜白髪岩(11:53着12:15発)〜物見山(12:37着発)〜羽毛山(12:52着12:55発)〜大猿山(13:42着13:53発)〜羽毛山
                   (14:28着14:30発)〜稲含山(15:48着16:02発)〜茂垣峠(16:35着16:50発)〜富岡IC(17:30着発)〜花園IC(18:00着)

                    
                                     11月は西上州、「秘境の山 100」にも選定されている白髪岩と大猿山を稲含山より目指す。 ルーファンも必要となる為マーキングも用意した。 山行時間も結構擁するし又、マーキングも付けながらの為、早めに出発する。 茂垣峠より出発、この日は11月にしては寒くジャケットを着込む。 稲含山山頂より目指す白髪岩が顕著だ、手前の羽毛山より伸びる尾根沿いに大猿山のピークがある、その方向には鹿の鳴き声が大きくこだます。 小沢岳や鹿岳、妙義山なども望める。山頂よりゴミ捨て禁止の張り紙のあるロープを潜って道を下っていく。 行き成り雑木に掴まりながら急坂を下り、暫く痩せた岩稜を進む。その後コルに向け急な斜面を下るが、帰路ここを登ると思うと気が重くなる。 ピンクのマーキングは少なからずあるが不安な為、持参したマーキングも付けながら進む。コルから先はトレースも明瞭だ、幾つかの小ピークを超える。 笹原の登りになり羽毛山と思われるが、ピークに直登する道が解りにくく先へ進む。結局羽毛山は巻き到着した山頂は物見山であった。 ここで11時、このあと白髪岩と大猿山どちらかに絞る事にし、白髪岩へ向かう。 意外に早く到着、国内に3箇所しか現存しない原三角測点をこの目で拝んだ。 1本立て早々に戻る、復路は往路で巻いた羽毛山ピークへ進む,13時前には到着した。 ここで思い切って大猿山へ向かうことを決断、トレースは解り易く県境見出標の看板も所々にある、尾根を外さなければ問題は無い。 左方には稲含山の勇姿が望まれる、小ピークを超え小猿山を超えると最後の急坂は枝を掴み這い上がる。すると山名の謂われになった猿に似た岩があった。その先には標識が2枚だけある山頂に辿り着いた、静寂な山頂で至福の時である。時間も推しているので早々に戻る、羽毛山までは只管登りだ、14時半には着いた。 この時期は陽が短い為、そのまま稲含山へ急ぐ。この最後の稲含山への登り返しがやはりキツかった。 茂垣峠に着いたのは16時半で少々薄暗くなっていた。 残念ながらこの日は曇天で紅葉は映えなかったが、白髪岩、大猿山と共に登頂出来たので満足である。流石に食事も取らず9時間の行程は少々キツかった!


                            花園〜富岡  1290円×2                 走行距離  140km                             TOP