No,17

                                                        奥日光

                                   奥白根山    2,577.6m


                           
                                       平成2年10月17日〜18日(夜行日帰り)                         MB   野原氏


   10月17日                        寄居(22:30発)〜関越道〜日光湯元(24:30着)


   10月18日(曇後晴)                   日光湯元(06:00発)〜天狗平(08:17着発)〜前白根山(08:45着09:10発)〜避難小屋(09:30着09:35発)〜奥白根山(10:30着11:40発)〜避難小屋(12:23着12:40発)〜
                               前白根山(13:10着13:30発)〜天狗平(13:50着13:55発)〜日光湯元(16:00着)〜観光センター入浴〜寄居


                      今回は、仕事場の先輩の野原氏と同行する。夜行で車中泊とした。 関越道で沼田ICで下車、深夜金精道路の途中、丸沼付近で100kg以上は充分有りそうな見事な牡鹿が道を塞ぐ、暫し立ち往生した! また菅沼付近でもイタチ、湯元でも狐を見かけた。 車中泊は窮屈で寝心地悪く、枕を持ってくれば良かった。 朝6時出発、さすがにこの時期の奥日光の早朝は寒い。前白根までは樹林の中の急登が続く。着いた前白根からは奥白根山頂部が絶景で迫力がある!下には五色沼もしっかり望める。外輪の前白根より避難小屋へ一旦下る。 登山口から同時刻に出発した若者と避難小屋付近で再度出会う、彼は既に山頂を極め下山途中で、下山後移動してこれから男体山にも登ると言う。魂げた脚力である! 避難小屋より枯木のガラ場を登り岩が積み重なる山頂へ到着した。休憩を入れ4時間半係った。山頂からの展望は、日光の表連山は紅葉も素晴らしく見事だが、上州側はガスって望め無かった。中でも男体山、女峰山は投稿欲をそそられる。 奥白根は岩峰で崩壊も凄く、山頂は岩で累々としており真ん中だけが平になっていた。 1時間もステイして展望を満喫し、往路を湯元温泉にゆっくり下った。  湯元温泉は大きいホテルや旅館はあるが、観光センターや売店などの施設は余り良いと言えない。観光センターで入浴、汗を流した。   先々週に日光まで来ながら雨で断念と云う事で、今回はぜひとも成功させたいと思っていたが見事に晴れ間も覗きトライ出来た。それに今年は紅葉も遅れ気味との事で、丁度最高の時期で紅葉狩りも出来た。また散策位と参加した野原氏も無事登頂出来、良い山行になった。