№1

                                                           北アルプス

                                  奥穂高岳     3,190m


                                        昭和61年7月21日~23日(夜行2泊3日)                    MB Mr.HORIKOSI


    7/20(雨)                            新宿(23:00発)  さわやか信州号(北アルプス総合案内所、夜行バス)   西口センタービル前


    7/21(曇、一時晴後雨)                    上高地BT(06:00着06:30発)~明神(07:00着07:10発)~徳澤(08:20着09:00発)~横尾(10:00着11:00発)~本谷橋
                                      (12:30着13:00発)~涸沢ヒュッテ(15:00着)

                            初めての北アルプス登山、夜行バスは中々眠れなかった。 初めて見る屏風岩のスケールの大きさに圧倒される。 涸沢カールは残雪による雪渓が凄い!未々スキーは充分可能だ。

                                                                                           涸沢ヒュッテ 1泊2食弁当付  6300円


    7/22(雨)                            涸沢ヒュッテ(09:00発)~穂高岳山荘(11:00着)

                            涸沢からはザイデングラードルート、雨の中はやはりハードだ!  山荘では夕食後ロビーにて映画を上映、オーナー自らの撮影とあって、中々の物であった。 夜中に外へ出てみると満点の星空で感動する。 受付の娘の笑顔が心地良かった。

                                                                                           穂高岳山荘  1泊2食   5500円


    7/23(雨後晴)                 穂高岳山荘(06:00発)~奥穂高岳(06:50着07:00発)~穂高岳山荘(07:30頃着発)~涸沢(9時過頃)~上高地BT(13:30着14:00発)~新宿(20:30着)


                            奥穂頂上での視界は、ほんの数mで残念ながら壮大なパノラマは見る事は出来なかった。 帰りのバスの時間があるので急ぐ、本谷橋付近でやっと陽が差す、流石に頭にくる。以後上高地まで黙々と歩く、足は既に自分の物では無い(右足が感覚が無くなる)!

                            今回の山行は予定通りの行程ではあったが、台風の影響で終始雨にたたられ残念であった。  最終日の歩程は初心者には少々ハードであった!




                     さわやか信州号(北アルプス総合案内所)  新宿~上高地往復  13,000円                                TOP