№394

                                                            近畿

                  伯母子岳 1,344m 護摩壇山 1,372m 龍神岳 1,382m
                
口千丈山 1,330.8m    牛首山 1,341m     
                     


                                           令和2年11月3日~5日(2泊3日)                  単独行


  11/3(晴)                        自宅(05:40発)~森林公園駅(06:05着06:20発)~羽田AP(07:55着11:10発)~南紀白浜AP(12:30着13:30発)~龍神温泉「季楽里」(15:30着)


                    11月に入り3連休が取れたので、今年の300名山詣企画の続きで関西の伯母子岳と護摩壇山を登る事に。 通常であれば日帰りで2山共に登れるが、関東からだとそうはいかない。 初日に宿に入り、翌日で2山又は2日で1山ずつ登る。 若干遅れたが、未だ紅葉も残っている様だ。 初日は仕事より帰り、速攻で2時半に就寝、5時に目覚ましで起床、キツイ!  6時過ぎの高速バスに乗る、9時台だとギリギリ飛行機の便に間に合わない。 羽田で3時間待ち、しょうがない! 南紀白浜空港からはレンタカーで宿のある龍神村へ向かう。 山間に川沿いに入って行く、天気も良く気持ち良い景観が続く、祝日で観光客も多い、バイクのツーリングも多い様だ、やはり世界遺産の熊野古道のある地域だ。 龍神の道の駅に寄る、駐車場に入れない位の車の台数だ、直ぐに宿の季楽里に向かった。 龍神温泉の中では新しく設備の整った宿であろう、今回は楽天トラベルでGOTOトラベル企画でかなりお買得なパックが取れた。 温泉も食事も良好である。


  11/4(曇後晴)                     季楽里(07:20発)~ごまさんスカイタワー道の駅(07:45着07:50発)~季楽里(08:20着08:28発)~ごまさんスカイタワー道の駅(08:53着08:56発)~奥千丈林道登山口
                              (09:10着09:25発)~口千丈山(10:07着10:15発)~牛首山(10:38着10:48発)~深タワ(11:37着発)~伯母子岳(11:58着12:18発)~深タワ(12:34着発)~牛首山
                              (13:14着13:22発)~口千丈山(13:48着13:53発)~登山口(14:23着14:26発)~ごまさんスカイタワー道の駅(14:38着14:45発)~護摩壇山(14:58着15:13発)~龍神岳
                              (15:26着15:48発)~護摩壇山(16:00着16:08発)~ごまさんスカイタワー道の駅(16:18着16:33発)~季楽里(17:02着)


                    2日目は伯母子岳へ、7時の朝食を摂り早々にごまさんスカイタワーへ向かう。 宿付近は晴れていたが、護摩壇山に向かうに従い曇り空へ。 寒気が入り風も強くなりタワー駐車場に着く頃には周辺はガスで山は霧氷状態、寒くて外は歩けない程だ。これ程の天候は考えていなかったので、悔しいが一旦宿に戻ってタイツやジャケットなどを着込み出直す事になる。 結局、奥千丈登山口には1時間遅れの9時過ぎになってしまう、しかしこの頃より天候は回復に向かい晴模様に! 林道登山口には拙者が1番手の様だが、直ぐに1台到着した。 登山道は良く整備されており、幅も広く車が通れる位だ。 登山口の標高が1230mあり気持ちの良い尾根筋の緩やかなアップダウンが続く。 暫し右方に龍神岳、護摩壇山を望みながら歩く、口千丈山より左方に曲がり左手に気になる山が望める、伯母子岳? 後で解ったが夏虫山と言う山であった。 口千丈山の次は牛首山に到着、これより先の展望が開ける。 正面には伯母子岳手前の山(これも牛首山?)が綺麗に望める。 一旦下りピークを巻くとここで初めて伯母子岳を望む事が出来た、やはり他の山と違い大きく風格がある。 再び一旦下り、登り返すと大股からの分岐(深タワ)へ着いた。 ここからは急坂を山頂へ登るだけだ。 途中樹林の中、少々解り辛い箇所があったので、落葉を払って目印を付けておいた。 山頂直下の急坂に喘ぎ、やっとこ奥高野の名峰へ辿り着いた。 山頂には1人の方が居らした、風は強く寒いがその分展望は良好、歩いてきた尾根の山々、夏虫山、赤谷峰、八経や釈迦の大峰の山々、龍神や護摩壇山、高野山方面の山々などが望めた。 次の山(護摩壇山)もあるので、写真を撮り早々に下山に係る。 帰路は往路のピストンでもあり2時間で登山口に帰り着いた。 即車を走らせごまさんスカイタワーへ、早く12分で到着(林道飛ばし過ぎ)した。 駐車場は観光客で一杯、拙者は即登山開始、スカイタワーの横より敷石の階段が山頂迄続く15分弱で護摩壇山登頂、ここで同じく300名山を目指す群馬の方と会い、暫し談笑する。 その後龍神岳(和歌山県最高峰)へはやはり15分弱で到着する、ここにはNHKの電波塔がある、展望は良い。 写真を撮り戻る、駐車場には16時を過ぎていたので、道の駅は残念ながら閉まっていた。 然しながら、朝一は躓いたが何とか予定通り、伯母子岳、護摩壇山、龍神岳と登頂する事が出来て満足である。 この日の夕食での生ビールは昨日とは違い大変旨い物であった。 


   11/5(快晴)                     季楽里(09:15発)~ごまさんスカイタワー道の駅(09:45着10:25発)~道の駅「龍神」(10:45着11:05発)~南紀白浜空港(12:28着13:05発)~羽田空港
                               (14:05着15:25発)~森林公園駅(17:05着17:20発)~自宅(17:48着)

                   最終日は帰宅のみの為、昨日に間に合わなかった「ごまさんスカイタワー道の駅」の開店時間の9時半に合わせて宿を出た。 又出る前にクーポン券が12000円分あるので土産物を爆買いした。 平日でも朝より賑やかなスカイタワーだ、土産物と入場料をクーポンで支払う。 エレベーターですぐさま展望所へ、360度見渡せるが本日は快晴で昨日登った伯母子岳や後方には大峰山系の山々が綺麗に望めた。 帰路は道の駅龍神で残りの買い物をし一路南紀白浜空港へ。 近くのスタンドで給油したのだが、何とここもクーポン券が使えるとは! 2000円分使えたのに、勿体ない事をした。 飛行場には30分前に到着、間に合った。 あっと言う間に羽田空港に戻ったが、何時も同様高速バスとの連絡が悪く又もや1時間待ち。 乗車後は2時間のお休みタイムで、今年3回目の関西山行が終了した。 これで関西も残り竜門岳と六甲山の2座になった。 


       宿代(2泊)+飛行機代+レンタカー=楽天パック 78700円がGOTO割引で51000円+12000円分クーポン付    他レンタカー保険 2000円、 GAS代 2000円、 高速バス 2300円×2  飲食 2000円
                                                                                                                          TOP