No,70

                                                         上信越

                                  岩菅山  2,295m


                                        平成12年8月19日(日帰り)                         単独行



     8月19日              寄居(03:50発)〜花園IC〜渋川伊香保IC〜志賀高原一ノ瀬(07:00着発)〜登山口(07:12着07:22発)〜ノッキリ(08:50着09:12発)〜岩菅山(09:40着10:40発)〜ノッキリ
                     (11:06着発)〜アライタ沢(11:52着11:57発)〜登山口(12:25着12:45発)〜リフト駅(13:00着)〜東館山高山植物園〜蓮池(15:00発)〜渋川伊香保IC〜花園IC〜寄居(19:30着)


                    志賀草津道路を行く、草津白根山を越えてからの志賀高原までの景色は雄大だ。志賀高原に入ってから道に迷う、一ノ瀬が見当たらず、又登山口も通り過ぎて奥志賀まで行ってしまい引き返した。   一ノ瀬コースのコースタイムは3時間15分、2時間10分と約1時間の短縮。最初は樹林帯で薄暗いが、ノッキリまで出ると尾根歩きで開ける。道は良く整備されていて随所に木の階段が設置されていて歩き易い。 ノッキリ付近より見上げる岩菅山が高山風で美しい。平標山に良く似ている、高山植物も時期には豊富な感じが伺える。  山頂では私一人だ、遠慮無く写真を撮った。展望は少々霞んでいるが、横手山を始め、志賀の山々、裏岩菅、烏帽子、焼額山、上信国境の山々、佐武流山方面と望める。真下に魚野川の源頭が切れ込んでいる。 時間的には裏岩菅山にも行けたのだが、ガスも立ち込めているし、雲行きが気になり迷った末に取り止めた。 時間的に余裕がありコッヘルを持って来なかったのを後悔した。 その後下山途中に降雨になり正解だった。 下山中、寺子屋山方面より3組6名、一ノ瀬コースより2組4名の登山者と擦違ったが、残念だが此れからでは多分展望は得られないであろう。途中、道に大きい蛇が現れ思わず立ち止まり息を呑んだ!  下山後、東館山高山植物園や志賀高原自然保護センターに立寄った。 帰路、お盆開けの土曜日にしては各道路渋滞でまいった!



                           花園〜渋川伊香保 1400円          走行距離  360km