№23

                                                                東北

                                   安達太良山     1,718m


                                                   平成3年5月6日(夜行日帰り)            単独行



   5/5                                 寄居(22:15発)~加須IC(23:15着発)~二本松IC(01:25着発)~奥岳温泉(01:45)


   5/6(曇後晴)                           奥岳温泉(06:15発)~勢至平(07:00着発)~くろがね小屋(08:35着08:50発)~稜線(鉄山との鞍部)(09:00頃)~安達太良山(09:20着09:50発)~
                                     くろがね小屋(10:25着11:00発)~勢至平~奥岳温泉(12:30着発)~リフト山頂駅(13:00着発)~五葉松平(13:20着発)~安達太良山(13:40着14:40発)~
                                     五葉松平(15:00着発)~リフト山頂駅(15:20着16:10発)~奥岳温泉~二本松IC~栃木IC~寄居(21:30着)


                       今回は、南東北の名峰「安達太良山」へ挑んだ。 アプローチは前夜車中泊だが、風が強く又、早朝鳥の声(啄木鳥)で眠れないまま朝を迎える。 奥岳の駐車場は着いた時は車は1台であったが、4時頃になると4台となっていた。 安達太良山は標高こそ高くは無いが、アルペン的で勢至平のお花畑も高山に匹敵するものがあり、中々捨てたものでは無い。 くろがね小屋で1本立て上部を狙うが、上部はガスの中だ。 山頂部はガスが酷く視界が効かない、この為鉄山との鞍部のルートをとってしまい勘違いをして稜線で迷ってしまった。 又、風速も20m近くの強風で、歩くのも困難な位でルートを探し辛く慌ててしまう。 やっとの事で下山したと思ったら、悔しい事にガスが晴れてきた!山頂部の乳頭や矢筈森山、鉄山も良く望める。  奥岳に着くと快晴になったので、思い切ってリフトを使い五葉平、奥岳経由で再び山頂をピストンした、未だ時間も早かったので、山頂も登山者で賑わっていた。 沼の平の爆裂火口は見事な景観であった。


             加須~二本松 4350円      二本松~栃木 (当時の記載なし)円         あだたら高原ゴンドラリフト (当時の記載なし)円                    TOP