№、344

                                                          中国

                              氷ノ山 1,510m  扇ノ山 1,309.9


                                        平成30年10月26日~27日(1泊2日)                     単独行


    10/26(晴後曇)           森林公園駅(04:15発)~羽田AP(05:48着06:40発)~鳥取砂丘コナンAP(07:55着08:28発)~氷太くん(09:50着発)~若桜キャンプ場登山口(10:10着10:20発)~氷ノ越
                        (11:15着11:25発)~仙谷分岐(12:03着発)~甑岩(12:07着発)~氷ノ山(12:25着13:10発)~仙谷分岐(13:33着13:40発)~氷ノ越(14:16着14:20発)~若桜キャンプ場登山口
                        (15:10着15:30発)~氷太くん(15:33着)


               今年の夏休みはどれも台風に見舞われ遠出が出来なかった為、この時期に2日間ではあるが中国地方の300名山、氷ノ山と扇ノ山に出かけた。 何時も通り朝一の羽田発で1本目を初日に登る、天気の都合で2日目が悪い為初日に氷ノ山へ向かった。 予想通り10時位には登山口へ到着(レンタカーの手続きと若桜の登山口を少々探し時間を食う)。 天気は上々、紅葉も美しいが、上部はすでに落葉である。 10時過ぎには登り始めるが、この時間帯でもこれから登られる方も多い。 氷ノ越までは意外と急坂、寝不足で足が重い、氷ノ越で初めて氷ノ山の山頂が望めた、兵庫側も望めハチ高原が眼下に。 尾根を高度を上げていくと扇ノ山もなだらかな稜線を引いている。 徐々に山頂小屋も顕著になり、仙谷分岐を過ぎるとなだらかな尾根道に急に岩峰の甑岩が頭上に現れる。 これを過ぎやや急坂を詰めて行くと、熊笹の中を進み開けた氷ノ山山頂へ到着した。 流石に人気の山で、この日も登山者が多い。 この地域の山々が望めるが、山名は良く解らずだ。 着くと同時期に雲行きが怪しくなり、風も冷たくなる。 昼食タイムにしたが、寒くなり30分程ステイして下山にかかる。 下りは仙谷コースの予定であったが、結局ピストンする事にした。 今宵の宿は、登山口より数分の高原の宿氷太くん、楽天トラベルで航空券+レンタカーで見つけた。 この日は5~6名と宿泊者は少なめだ、時間もあるので翌日の計画を立てながら過ごし、20時過ぎには布団へ入った。



    10/27(曇、濃霧)              氷太くん(06:15発)~ふれあいの里登山口(07:10着07:30発)~扇ノ山(08:38着09:30発)~ふれあいの里登山口(10:23着10:35発)~安徳の里(10:43着11:15発)~
                            鳥取砂丘コナンAP(12:25着14:55発)~羽田AP(16:40着17:35発)~森林公園駅(19:20着)

               2日目は扇ノ山、帰路のフライトの時間から逆算して早めに宿を出る。 天候は予報通り曇り空、早朝までの雨が上がった分ましだ。登山口まではナビだと1時間半強を示したが、1時間弱で到着、他には車は無い。 早朝までの雨で湿った登山道を登り始める、山はガスが巻いている。 登り始めて15分程して、標柱により登山口を間違っていた事に気付く。 予定では一番短い姫路コースを予定していたが、何とふるさとの森コースをとっていた、時間的に前者より少々擁する為、気持ちが焦る。 ガスの中だがブナの森、紅葉の登山道が気持ち良い! 流石にこの天気、登山口より誰一人合わない、ひとしきり急坂を登ると尾根上に出る、後は少々のアップダウンを繰り返しながら進む。 周りは次第に笹の中の道になり、頂上が近くなる事を感ずる。 晴れていれば、展望の良いと思われる尾根道もある、最後は笹の中の急な登りを詰めてガスの中の山頂へ到着した。 時計を見ると気持ちが急いたせいか登山口より1時間少々で到着していた。 誰も居ない静寂の山頂で、昨日の氷ノ山と余りにも違う。 小屋内で食事をとり、暫しガスの晴れるのを待ったが、瞬間的には明るくなるが。とっても取れる気配は無かった。 1時間程ステイし下山にかかる、晴れていれば最高に紅葉が晴れる山であるが残念だ。 その中でも下山中、2人の単独行者と会った。 下山後は安徳の里に立ち寄り、駐車場で着替えを済ませ一路鳥取空港へ。 途中鳥取へ向かう峠より扇ノ山を望む事が出来た! 空港へ向かうが、これも予想より早く1時間少々で到着、フライトまで2時間もあり食事を済ませたが、時間を潰すのに少々疲れた。 後はお決まり通りで羽田より高速リムジンバスで森林公園へ。最後にトラブル! 駅前の有料駐車場の精算機が札を飲み込まず、結局近くの自販で硬貨に両替し何とか脱出し家路についた。   今回は2日間という遠出にしてはギリギリの日程であったが、予定通り事が進み、天候は予報通り2日目は悪かったが、何とか雨は免れただけ2座共登頂できOKとしよう 。出来れば遠出の場合には費用も係るので纏めて4~5座位は登りたいが、今年の休暇予定日に見事にその都度台風に潰されたので致し方ない。 



            楽天パック(航空券、宿、レンタカー) 羽田~鳥取砂丘コナン往復      高速リムジンバス(森林公園~羽田)往復   等で5万程度                   TOP